​経絡セラピー協会

ウェルネス事業部では経絡セラピー協会を運営しています。経絡セラピー協会は2011年に設立された一般社団法人 日本経絡セルフケア協会を前身とし、2019年にセラピストの養成を目的として新たなスタートを切りました。前身である日本経絡セルフケア協会が『生涯健康を目指し、あらゆる年齢層の人々に向けた健康管理方法の普及・啓発に努める』ことで『心身ともに健やかな社会の発展に寄与する』ことを目的として自分で行う“セルフケア”を推奨してきたことに対し、経絡セラピスト協会では、さらに一歩踏み込んで、東洋医学と西洋医学をより深く学び、確かな知識に基づいた施術を習得したプロとしてのキャリアを積むためのプログラムを提供し、スキルの伴ったセラピストを育成することを目指しています。根底にある『心身ともに健やかな社会の発展・健康寿命を延ばすことに寄与する』というゴールは変わりません。

首の指圧マッサージ
花柄ドレスで妊婦
彼女の子供を持つ母親
兄弟
ミスティ太陽光線
リラクシングマッサージ
幸せな子供たち
幸せな家族
幸せな家族の肖像
 

活動内容

経絡セラピー協会は『生涯健康』を目指し、あらゆる年齢層の人々に向けた健康管理方法の普及・啓発に努めることで、心身共に健やかな社会の発展に寄与することを目的としています。
医療費問題、老人福祉問題、生活習慣病の増加、成人病の低年齢化など、様々な問題を抱えている現代社会において、適切なケアの知識を身につけ、実践することが、社会貢献への第一歩につながると信じています。

2426.JPG

支援活動

IMG_5626.JPG

​健康の維持/増進プログラム

Women Holding Hands

セラピスト育成

 

「生涯健康」を目指すみなさんに、経絡セルフケアの健康セミナーを開催。
肩こり・腰痛・不眠など、症状に応じた予防・緩和のケアを紹介し、その場で実際に試してみます。質疑応答の時間になると、あとからあとから質問が絶えません。(写真は船橋市民大学でのかっさ講習会の様子)

震災の被災者を対象としたボランティア講習会を各地で開催。また、高齢化社会といわれる今日、高齢者福祉の現場での経絡セルフケアの普及を目指し老人ホームの慰問等を通じ、私たちの活動が健康維持・増進のためのセルフケアとしてだけでなく、人と人とのコミュニケーションのためのツールとしての効果を上げていることを実感しています。(写真は宮城県の仮設住宅でのかっさ講習会の様子)

当協会で認定する「経絡セラピスト・インストラクター」の資格を得ることにより、自身のサロンのメニューを充実させられることはもとより、経絡セラピストを養成する講師として活躍の場を広げることができ、将来の経済的な安定にもつなげることができます。
経絡セラピストは自分の好きなことをしながら社会貢献も出来る、誇れる資格です。

薄井理恵会長ご挨拶

こんにちは、”うんたん”こと薄井理恵です。

誰でも、「100年時代」と言われる人生を最後まで健康で過ごしたいと思います。
そして、自分だけではなく、自分の周りにいる人も健康でいて欲しいと願います。

このシンプルで自然な願いを、真剣に叶えたいと思って立ち上げたのが、経絡セラピー協会です。

東洋医学は「未病を治す」と言って、病名のつくような病気になる前にケアをするのが得意です。東洋医学というと鍼灸、漢方といった特別な知識を持った専門家に診てもらうことを思い浮かべるかもしれません。
しかし、「養生」と言って、病気を治すことではなく、病気にならないようにする「予防医学」も何千年も前から唱えられてきたのです。

病気になる前の、体や心の不調は自分が一番良くわかるものです。変調を感じた時にすぐに行えるセルフケアの知識があれば病気になる前、つまり未病の段階で未然に防ぐことができます。
また、自分が心身ともに健康だったら、自分の周りにいる大切な人の不調に気付く心の余裕も生まれます。
そこで、「セルフケアの方法と人に手当てし癒してあげる方法」をマスターすることで健康寿命が延ばせ、生涯健康で過ごすことが出来ると考えます。
その方法を東洋医学の考えを軸として、西洋医学の知識も融合させ、長年の鍼灸臨床歴を生かして考え抜かれた手法が経絡セラピーなのです。
生涯健康でいられる社会を心から願い、私も生涯かけてこの夢の実現に向けて全力で取り組んでいこうと思います。
賛同してくださる方が世界中に広がり、一人でも多くの方が心身ともに健康で笑顔がいっぱいの人生が送れることを願っております。

 
 
Rie%2520Usui_edited_edited.jpg

UNTAN鍼灸クリニック院長
経絡セラピー協会会長
鍼灸師国家資格
鍼灸養成科教員免許
中央医療専門学校非常勤講師

​女性の健康経営アドバイザー

幼少時代から鍼灸師の母親のアシスタントとして鍼灸が身近にある環境で育つ。
高校時代はアメリカ留学、スタンフォープエルモアハイスクール卒業後帰国。
1991年:立教女学院短期大学在学中に日本鍼灸理療専門学校入学
1992年:松下幸之助氏などの鍼医を務めた故黒田嘉孝氏に師事、その後15年に渡り経絡治療(脈状診)を学ぶ
1994年:鍼灸師国家資格を取得し、薄井鍼療所で鍼灸師として治療を始める
1996年:東京医療専門学校教員養成科にて教員免許を取得し、鍼灸のプロを養成する資格を持つ
2010年:RIE鍼灸院&ナチュラルヒーリングプレイス(現UNTAN鍼灸クリニック)を開院。
日々の診療では女性疾患に焦点をあて、エイジングケアに力を注ぐ
2011年:かっさによるセルフケアの普及を目指し、日本経絡セルフケア協会を設立
2019年:経絡セラピー協会を設立

著書

阪急コミュニケーションズ

kassa_shinsoban.jpg

鍼灸師として20年近くの経験をもち、経絡治療を長年おこなってきた著者が、「だれでも簡単にセルフケアできる方法」として編み出した「ナチュラルかっさケア」。肩こり、むくみ、便秘、ダイエットに効くだけでなく、薄毛・抜け毛の予防、さらに集中力アップなど、あらゆる悩みを解消してくれます。

阪急コミュニケーションズ

かっさ2カバー.jpg

軽~くなでるだけの簡単ケアで、しわ、シミ、ニキビなど、顔のあらゆるお悩みを解消し、さらにバストアップ、ウエストシェイプ、ヒップアップ……
もちろん小顔&美脚だって夢ではありません。
かっさケアで、体の中から“美”を手に入れましょう。

阪急コミュニケーションズ

kassa_cover_dvd2.jpg

シリーズ第3弾は厳選した天然石100%のオリジナルかっさ板。使いやすさを追求し、より一層手になじむ形状と重量感に!さらに鍼灸師・薄井理恵先生の解説DVD付。代表的な美容&健康ケアをギュッと凝縮。分かりやすい映像で「かっさケア」初心者にもおススメ。

中国語版

かっさ台湾版表紙.jpg

「ナチュラルかっさケア Beauty」中国語版

メディアファクトリー

表紙画像.jpg

ペットボトルの中にお湯を入れての温ペットボトルマッサージ。東洋医学として確立している経絡マッサージを簡単にどこでもできるように応用。温め+経絡マッサージで効果抜群のノウハウを1冊に満載。
不調別の対処法として、経絡ならではの患部から離れた部位のケアでアプローチ。美容別ケアとして、エクササイズも交えてわかりやすく紹介しています。

ハングル版

温ペットボトル経絡マッサージ(韓国語).jpg

「温ペットボトル経絡マッサージ」ハングル版

中国語版

ペットボトル中国語版表紙.jpg

「温ペットボトル経絡マッサージ」中国語版